和食

我が家の定番!しっかり煮詰めてご飯によく合う!ひじきの煮物

ひじきの煮物の作り方、和食に関する素朴な疑問、人参の豆知識をご紹介します。

我が家の定番!しっかり煮詰めてご飯によく合う!ひじきの煮物

今回は王道のひじきレシピです!

難しそうとかめんどくさそう・・・って声をよく聞きます。

和食はもし味付けに失敗してしまっても、何度でもやりなおしがききます。

基本を覚えたら実はそんなに難しくはないんです☆

このひじきの煮物はご飯によく合う甘辛い味付になっています。

そのまま食べると少し辛いと思いますが、ご飯に混ぜ込んだりすると最高!!

子供も大好きな我が家の定番メニューとなっています!!

材料・4人分

2人分は(赤)で記載しています。

ひじき       30g(15g)

人参        1本(2分の1本)

すしあげ      4枚(2枚)

ごま油       大さじ1

調味料

かつおだしの素   小さじ1(小さじ2分の1)

濃口醤油      大さじ5(大さじ2と2分の1)

砂糖        大さじ5(大さじ2と2分の1)

水         700cc(350cc)

作り方

ひじき

ボウルとザルを用意します。

ボウルに水をはり、その中でひじきをもどしていきます。

ひじきがもどったらザルで水をしっかり切っておきます。

もしも水切りがしっかりできていないと、分量通りで作っても水っぽくなって味が変わってきます。

2009_0128ブログ用0009 - コピー_result

人参

ひじきをもどしている間に野菜を切っていきます。

皮をむいて薄い輪切りに切っていきます。

2009_0128ブログ用0012 - コピー_result

輪切りにしたものを横1列に重ねて並べていき右端から一気に千切りしていきます。

2009_0128ブログ用0013 - コピー_result

人参の豆知識

人参は生で食べると他で摂取したビタミンCの成分を消してしまいます。

なので、人参は、出来るだけ、火を通して食べましょう!

一番いいのは油で炒めることで、吸収がよくなり効率よく栄養が摂取出来ます。

すしあげ

人参とおなじくらいの細さに切っていきます。

2009_0128ブログ用0014_result

炒め煮にする

フライパンにごま油大さじ1をしき、人参、油揚げをしんなりするまで炒めていきます。

2009_0128ブログ用0015_result

人参がしんなりしてきたらひじきもいれます。

水分を飛ばしながらしばらく炒めていきます。

*ひじきはただ煮るだけではなくて炒め煮にすることで味にコクがうまれます。

2009_0128ブログ用0016_result

ここに、調味料を全部入れて煮ます。

水分が少なくなるまで強火でグツグツ煮詰めていきます。

*煮詰めることで味が変化していくので味見は何度かしていって下さい。

調味料は煮詰めていくほど辛くなっていきます。

汁が少し減り、自分好みの味になったら出来上がりです。

DSCF1590_result

ひじきの煮物の便利な保存方法

私はひじきの煮物を1度にたくさんつくってジッパーに入れて冷凍しておきます。

1品野菜が足らないなぁ~って時に最高です(笑)

お弁当にはこれ!!

フタ付き製氷機にお弁当の銀紙を入れます。

その中にひじきの煮物を入れて冷凍すれば、毎日のお弁当の冷凍食品が出来て節約できます。

1度で作るのに少ない量も多い量も時間はそんなに変わらないと思います。

ひじきの煮物を作る時に多めに作って保存しておくとすごく便利です。

ここでよくある疑問に答えます!!

醤油はなぜ薄口と濃口があるの??

これは塩分と色の違いです。

●薄口は塩分が多く色が薄い。

●濃口は塩分が少なく色が濃い。

なので色が濃いから味も濃いわけではありません。

これを使い分けることで見た目も味もよくなります。

例えばかぼちゃのように野菜の色をだしたい時、薄口醤油を使って黄色を際立たせます。

逆にしみしみ大根のようにしっかり色をつけたい時は濃口醤油を使ったりします。

ただ濃口は塩分が少ないため、それだけだと味がひきしまらず、薄口や、塩で味を整えたりもします。

分量通り作れば味見しなくてもいいのでは??

私の友達にも味見しないで食卓にだしちゃうって人は結構聞きます。

たまに調理師の方でも味見しないで仕上げてしまっている人もいたりします。

私が料理で一番大事なことは味見をすることだと思っています!!!

例えば同じチェーン店でもこっちはおいしい・・あっちはマズイとありますよね?

人が変われば同じレシピでも調味料をすくうサジ加減で変わってきます。

でも、味見しても何を入れていいのか分からない・・・。って言うのをよく耳にします。

最初は味の変化が分からなくても毎日味見することでだんだん分かってきます。

料理を作る時は必ず味見をして味の変化に気をくばってみて下さい。

分かってきたら料理がもっと上達して楽しくなっているはずです。

スポンサードリンク

*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

ここで、今回のレシピの栄養を簡単に紹介したいと思います。

和食の定番!ひじきの煮物の栄養価

鉄分が豊富なので貧血予防に効果的です!

低カロリーで栄養も高いので毎日でも摂取したい食材です。

人参のカロテンと合わせて栄養価がすごく高いです。

朝ごはんのお供にすると、朝ご飯から栄養が取れてとても良いと思います。

トップページにも旬のレシピ特集など、コンテンツを揃えています!

→トップページへ

関連記事

  1. 筍ご飯
  2. ピリ辛濃厚!やみつき豚キムマヨ軍艦
  3. ゆばも出来ちゃう!濃厚豆乳湯豆腐
  4. 新じゃがとスナップエンドウの甘辛炒め
  5. 節約料理!揚げ丼
  6. さっぱりおいしい~!梅肉おろしで冷製ぶっかけうどん
  7. 濃厚!!アボカドとマグロの漬け丼
  8. 貧血予防や肝臓を強化!あさりだしでさっぱり!鶏とわかめと梅入り塩…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ村ランキング

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP