デザート・お菓子

食物繊維たっぷり!自家製干し芋

自家製干し芋の作り方、天日干しの豆知識をご紹介します。

食物繊維たっぷり!自家製干し芋

みんな大好き!干し芋のさつまいもレシピです!

さつまいもをたくさんもらったので子供達も大好きな干し芋を作りましたぁ~!!

買うと以外と高い干し芋ですが、家で作ると簡単で干す工程も楽しいです。

干すことで、栄養価もグンと上がるので子供のおやつなどにもすごくいいと思います!!

材料(さつまいも1本分)

さつまいも    1本

水        お好みで

砂糖       お好みで

道具

干し網

作り方

本来なら、さつまいもを蒸してそのまま干していきます。

そぼくはそぼくなのですが・・・

売っている干し芋のような甘味にはならず、あまりおいしくありません。

なので私は、砂糖で煮たものを干しています。

すると、おいしい干し芋が出来ます。

さつまいも

DSCF1229_result

タワシで土をよく洗い、ピーラーで皮をむきます。

次に、5ミリくらいの輪切りにしていきます。

さつまいもはでんぷんが多いので、水につけてでんぷんを取り除き、水をきっておきます。

煮る

大きめのお鍋に、水をたっぷり用意して、砂糖をお好みの分量入れます。

*多めに入れても、ほんのり甘いくらいになるので結構甘めでも大丈夫です。

そこに、さつまいもを入れて、柔らかくなるまで煮ます。

*煮過ぎて、溶けたり、崩れないように気をつけて下さい。

DSCF1467_result

干す

柔らかくなったら、天日干ししていきます。

干し網にさつまいもを並べていきます。

干し網がない場合はなるべく通気性のよいものなら何でも大丈夫です。

お皿の上に並べて外に出しておいても、少し時間はかかるかもしれませんが出来ます。

ただ、囲いがないので、鳥などに狙われないように注意が必要です。

重ねないように、少し間隔をあけて下さい。

ひっついている部分があると、乾きが悪くなります。

天気も重要になってきます。

なるべく晴れている日で乾燥している時が最適です。

夜は家の中に入れておき、次の日はまた外に出します。

干し芋はしっかり乾かしたいので、天気のいい日で3~4日干して出来上がりです。

DSCF1475_result

天日干しの豆知識

天日にほすことで、ビタミンDが作られます。

ビタミンDは骨を丈夫にするのを助ける重要なビタミンです。

実はカルシウムをとっただけでは、骨は強くなりません。

歩いたりすることで、骨に付加を加えたりビタミンDがカルシウムの吸収を助けて骨が丈夫になります。

そんな大切な役割のビタミンDは、食品では摂取しにくいビタミンです。

乾物に多く含まれていたり外で太陽にあびるとビタミンDは作られます。

スポンサードリンク

*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

ここで、今回のレシピの栄養を簡単に紹介したいと思います。

食物繊維たっぷり!自家製干し芋の栄養価

ビタミンcと食物繊維が豊富で、天日に干すことで、ビタミンDも作られます。

食物繊維は生活習慣病を治してくれる救世主です!

コレステロール、血圧を正常値にしてくれるだけでなく大腸がんなどにも効果があります。

トップページにも旬のレシピ特集など、コンテンツを揃えています!

→トップページへ

関連記事

  1. 天日干しでドライフルーツ!りんご、もも、パイナップル
  2. 七夕デザート!簡単、苺みるくのクラッシュゼリー
  3. ぷるるん食感!冷やすだけで簡単にぷっちんプリンを再現
  4. 飴でカリカリ!揚げない大学いも
  5. ハロウィンデザート!見た目にも可愛いチョコポップ
  6. ザクザク食感!!オレオとマシュマロのチョコバー
  7. アイシングクッキー用!クッキーの作り方
  8. ホットケーキミックスでクレープ生地!簡単まるごとバナナ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ村ランキング

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP