洋食

肉汁ジューシーでおから入り!!簡単ピーマンの肉詰め

ピーマンの肉詰めとソースの作り方、肉汁ジューシーな焼き方のコツをご紹介します。

肉汁ジューシーでおから入り!!簡単ピーマンの肉詰め

肉汁ジューシーでとってもおいしい、我が家で人気のピーマンの肉詰めレシピです!

長男のお兄ちゃんが昔ピーマンが苦手でした。

でもこのピーマンの肉詰めがきっかけでピーマンが食べれるようになりました!

お肉と一緒だったりで食べやすければ、素材の味で勝負してみてもいいのかもしれません。

おからは、かさ増し、栄養もプラス、肉汁も閉じ込めてくれます!

なので食べた瞬間、肉汁があふれ出します!!

ジューシーでピーマンの甘さが引き立ってすごくおいしかったです!

是非作ってみてほしいと思います。

材料・4人分

2人分は(赤)で記載しています。

ピーマン    14個(7個)

牛豚ミンチ   320g(160g)

ミンチの調味料

おからパウダー 大さじ3(大さじ1と2分の1)

卵       1個(2分の1個)

中華スープ   100cc(50cc)

(水100ccに鶏ガラスープの素を小さじ1混ぜたものです)

片栗粉     小さじ1(小さじ2分の1)

塩こしょう   多め

ソース

ケチャップ2:ウスターソース1

作り方

ピーマン

縦半分に切り、種を上のヘタの方へ引っ張って、ヘタも一緒に手でちぎります。

ピーマンの中に白い綿みたいな部分があります。

手で取り除き、ひき肉が入れやすいようなるべくフラットな状態を作ります。

DSCF1944_result
DSCF1945_result

肉詰めのタネ作り

ボウルに、牛豚ミンチと卵を入れ、しっかり混ぜます。

中華スープでふやかした、おからパウダー、片栗粉、塩こしょう多めを入れてしっかり混ぜます。

粘りが出るまで白っぽくなるまで混ぜるのがポイントです!

*おからと片栗粉が入っていることで肉汁を閉じ込めています!

DSCF1946_result

ピーマンの肉詰めソースの作り方

ケチャップ2:ウスターソース1の割合で合わせて混ぜておきます。

ピーマンの中にひき肉を詰める

大きめスプーンを用意し、ピーマンの中にひき肉をつめていきます。

この時、ギュッと押し付けて、隅の方までひき肉が行き渡るように詰めます。

ピーマンの高さより低くなったり高くなりすぎないよう、同じ高さに押し込みます。

DSCF1947_result

肉汁ジューシーな焼き方のコツ

中身をジューシーに作っても焼く時に肉汁を逃がしていてはもったいないです!

まず、表面を強火で焦げ目をつけ、肉汁がそれ以上出ないようにしてから、表を向けます。

後はフタをして、じっくり中まで火を通していくと肉汁が逃げません。

焼く

フライパンにサラダ油を入れ、なじませます。

そこに、ピーマンのお肉を下にして、強火で焼き色をつけます。

*中身にはまだ火は通っていない状態で大丈夫です。

焼き色を作って肉汁が出ないよう、膜をはってやります。

DSCF1948_result

いい焼き色がついたら表向けます。

今度は弱火~中火でフタをしてじっくり中まで火を通していきます。

竹ぐしを刺して、赤色の汁が出てきたら、まだ火は通っていません。

透明の汁が出てきたら火が通っている証拠です。

これを目安にして中まで火を通します。

DSCF1949_result

盛りつけ

お皿に並べて、ソースをかければ肉汁ジューシーなピーマンの肉詰めの完成です!

是非、アツアツを食べてみてほしい1品です!

*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

ここで、今回のレシピの栄養を簡単に紹介したいと思います。

簡単ピーマンの肉詰めの栄養価

ピーマンは中サイズを4個程度食べると1日のビタミンC所要量を満たします。

最近では赤や黄色、オレンジと言ったパプリカもよく見かけます。

赤色は完熟した証拠で栄養価も緑のものに比べてカロテンが約3倍違います。

血液さらさら効果や、コレステロール減少など嬉しい効果が沢山です!

ミンチは疲労回復や、筋肉量をアップしてくれます。

トップページにも旬のレシピ特集など、コンテンツを揃えています!

→トップページへ

関連記事

  1. 胃腸系の予防や治療に!野菜たっぷりチーズロールキャベツ
  2. アツアツトロトロ~!ミートマカロニグラタン
  3. ヘルシー!!豆腐クリームカルボナーラ
  4. 濃厚!!かぼちゃの冷製スープ
  5. 甘めのタルタルソースがおいしい!鶏南蛮
  6. ワンプレートできゅうりサンド
  7. アツアツとろ~り!チーズ豆腐
  8. 血液サラサラ!簡単おいしい本格派!新玉ねぎたっぷりカレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ村ランキング

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP