和食

煮卵とろりん♪相性抜群の味付のりを使った納豆煮卵軍艦巻き

簡単とろとろ煮卵の作り方や、見た目にも可愛い納豆煮卵軍艦巻きの作り方をご紹介します。

煮卵とろりん♪相性抜群の味付のりを使った納豆煮卵軍艦巻き

栄養豊富な納豆レシピです!

今回は、合わないはずがない卵と納豆の組み合わせで軍艦巻きにしてみました!

のりも、味付のりの方が納豆に合う気がしたのと、家にいつもあるのでこちらを使ってみました。

軍艦と言うとお寿司のイメージですが、寿司めしは使っていないのでおにぎり扱いです(笑)

おしゃれにお寿司に見たてたおにぎり・・と言う感じでしょうか(笑)

煮卵がとろっとろですごーーくおいしかったです!!

軍艦がめんどうだわ~って方は、丼ぶりに全部のせで!!(笑)

少し見た目が変わるだけですごくおしゃれに見えますよね!

イベントの時などにも使えるレシピです!

是非作ってみて下さいね~!

材料・4人分(1人2艦計算)

2人分は(赤)で記載しています。

ご飯       適量

味付のり     16枚(8枚)

納豆       2パック(1パック)

大葉       4枚(2枚)

卵        1個(半分)

マヨネーズ    少々

煮卵調味料

めんつゆ     卵がひたひたくらいの量

作り方

納豆

パックの付属についてるつゆと、マヨネーズを少量入れてしっかり混ぜておきます。

大葉

軸を切り落とし、細い千切りにしておきます。

簡単煮卵の作り方

卵を冷蔵庫から出し、常温に戻しておきます。

小鍋に卵を割れないように入れ、卵がかぶるくらいの水をたっぷり入れます。

卵が割れてしまった場合は中身がこれ以上飛び出さないためにお酢を小さじ1いれておきます。

*お酢が、飛び出た卵を固める役目をしてくれるのでこれ以上出てきません。

強火でいきます。

沸騰するまでの間は、さいばしなどで卵をコロコロ転がしておくと、黄身の偏りが防げます。

沸騰してから5分を目安にゆでます。

*沸騰するまでの時間は時間に入れません。

沸騰してから5分経ったら、すぐに取り出して冷水ですぐに冷まします。

*写真は卵をたくさん茹でていますが個数は気にしないでください(笑)

おいしいのでたくさん作ってしまいました(笑)

IMG_2869_result

殻をむく

卵が完全に冷めてから殻をむくようにします。

中は半熟なため、冷めていないと卵が柔らかいので崩れやすいです。

卵の殻剥きも細心の注意が必要です。(さっきから細心の注意ばっかだ・・笑)

煮卵の味付

全部の殻がむけたらボウルに卵を全部そーっと入れます。

そこに、めんつゆを薄めずに、卵がひたひたくらいになるまで入れます。

最後にクッキングペーパーで上からフタをしておくと卵の頭までしっかり色がつきます。

IMG_2876_result

この状態でラップをして2~3時間ほど冷蔵庫で味がしみるまで保存します。

煮卵が完成したら、軍艦にのせるために煮卵を切ります。

IMG_2887_result

もぅ、おいしそう~(笑)

とろとろで少し切りにくいかもしれませんが、8等分します。

味付のりを使った軍艦の巻き方

あつあつのご飯を用意します。

何故あつあつかと言うとおにぎりはあつあつの方がおいしい!・・・と言うのは理由づけ(笑)

1つの軍艦を巻くのに味付のりも2枚使うからです。

1枚では周囲を巻くのはちょっと長さが足りなくてキツイ・・・。

のりは、ご飯があつあつだとぺた~っと馴染むので2枚使ったように見えません。

なのであつあつのご飯がポイントになります!

あつあつのご飯に塩少々を入れて混ぜておきます。

そのご飯を少量手にとり、だいたいの形に握っておきます。

そのご飯の周囲に味付のりを巻き付けます。

ポイント!

軍艦を巻く時のポイントはご飯を少なめにして、のりの半分程度のご飯の量にするとうまく巻けます。

のりの余っている部分に具を入れるので、具がこぼれ落ちないようにしないといけません。

その分も計算するとのりの半分量のご飯が適量です。

具をのせ、仕上げ

のりを周囲にはりつけたら、納豆と煮卵を飾り、最後に大葉をのせたら出来上がり~!!

盛りつけ

お皿に少し斜めに盛りつけ、上と下が横1列に平行になっていればバランスも取れていると思います。

IMG_2882_result

食べたら一瞬で一口だけど、見た目にこだわるなら納豆丼も変身させれます(笑)

*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

ここで、今回のレシピの栄養を簡単に紹介したいと思います。

煮卵とろりん♪相性抜群の味付のりを使った納豆煮卵軍艦巻きの栄養価

卵にはビタミンC以外の栄養素がまんべんなく含まれています。

納豆には納豆菌が含まれており、善玉菌を増やし、腸の働きを助けてくれます。

なので納豆は夜に食べるのがオススメです!

寝ている間に効果を発揮してくれます。

他にも、コレステロールや高血圧を下げたりと、生活習慣病の味方です!

トップページにも旬のレシピ特集など、コンテンツを揃えています!

→トップページへ

関連記事

  1. 強力な殺菌作用で食中毒を予防!鶏肉の梅しそソースがけ
  2. 血液サラサラ!イワシの梅しそ巻き揚げ
  3. 秋味!ゴロゴロさつまいもとしめじの食物繊維たっぷりおから
  4. ご飯がすすむ!ピーマンの佃煮
  5. 血栓予防に!いわしの照り焼き丼
  6. 優しい味わい!さつまいも粥
  7. ほっこりする味~!簡単!揚げない揚げ出し豆腐
  8. さばの味噌煮

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ村ランキング

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP