和え物

夏野菜!生姜の醤油漬け

夏野菜の醤油漬けの作り方、アボカドとなすの下処理、なすの色が飛ばない方法をご紹介します。

夏野菜!生姜の醤油漬け

夏野菜を使った醤油漬けレシピです!

今回は、アボカドを入れてみました!

トマトがさっぱり、アボカドでコク、それぞれの野菜がとてもおいしかったです!

なすは調理していくと、綺麗な紫色が薄くなっていくと思います。

そんななすの色を保つ、色が飛ばない方法も載せてみました!

我が家の夏の定番の生姜の醤油漬けを是非試して見て下さい!

材料・4人分

2人分は(赤)で記載しています。

なす      3本(1本半)

アボカド    1個(2分の1個)

トマト     1個(2分の1個)

サラダ油    多め

調味料

生姜      2分の1個(4分の1個)

水       200cc(100cc)

濃口醤油    100cc(50cc)

砂糖      大さじ3(大さじ1と2分の1)

かつおだしの素 小さじ1(小さじ2分の1)

作り方

調味料を合わせておく

生姜の皮をむき、ボウルの中に生姜をすりおろします。

水、濃口醤油、砂糖、かつおだしの素をボウルに全部入れて合わせておきます。

トマト

トマトをサイコロ状に切ります。

ナスの下処理

ヘタをはがし、ヘタぎりぎりの所で切り落とします。

2014_0520ブログ用写真10007 - コピー - コピー_result
2014_0520ブログ用写真10008 - コピー - コピー_result

1口大に切り、アクを抜くため水に5分ほどつけておきます。

2014_0520ブログ用写真10010_result
2014_0520ブログ用写真10011_result

水分をきり、キッチンペーパーで水気をよくふきとって下さい。

*油がはねて火傷の原因になります

2014_0520ブログ用写真10012_result

下準備

炒める前に、調味料の入っているボウルの下に、ひと回り大きい入れ物に氷水を用意します。

この氷水に浮かばせるように調味料のボウルを入れて調味料を冷やしておきます。

ここで、なすの色が飛ばない方法をご紹介します。

なすの色が飛ばない方法

炒めたものをアツアツの状態で調味料に入れると、味がよく浸み込みます。

でもそのままだと、調味料もアツアツになってしまうので色も飛んでしまいます。

なすの色を濃い紫色に保つためには、調味料を氷水で絶えず冷やします。

すると、アツアツのものを入れても温度が上がらないため色が飛びません。

氷が解けたら足して、調味料がしっかり冷えるまではこれを続けます。

冷えたらボウルごとラップして冷蔵庫に置いておくとなお味が浸み込みます。

なすを炒める

揚げるとなおおいしいですが、揚げ物となると面倒なので多めの油で炒めていきます。

フライパンに多めの油をしいてなすを炒めていきます。

しっかり吸わせる感じで炒めていって下さい。

*なすは油をしっかり吸っていないとおいしくありません。

なすに火が通って柔らかくなったらOK!

熱いうちに氷水にセットした調味料の入っているボウルに一気に入れます。

*熱いうちに入れることで、なすに味がよく浸み込みます。

氷が溶け多々入れ替えながらタレを冷まします。

ボウルごとラップをして冷蔵庫に置いておくと味がさらに浸み込みます。

2014_0520ブログ用写真10016_result

アボカド

アボカドの選び方

まず、アボカドの選び方です。

スーパーに置いてあるアボカドは色が様々です。

アボカドが未熟な順番に、緑→茶色→黒です。

緑は硬く黒は食べごろです。

黒でも硬いものもあるので軽くやわらかさをさわって確認しましょう。

ふにゃふにゃでもあまりよくありません。

押してみて若干やわらかい程度が食べごろです。

*やわらかすぎるものもあるので触りすぎに注意してくださいね。

ヘタも少し出ているものがいいです。

アボカドはバナナと一緒で、日がたつにつれ熟成されて柔らかくなっていきます。

なので3日後に使いたいわ~って思って買う時は少し固めを選ぶといいと思います。

アボカドの下処理

アボカドは真ん中に大きな種が入っています。

縦半分に種にそって包丁を1週ぐるっとまわして切っていきます。

2014_0520ブログ用写真10024_result

切れたら縦にアボカドを持ち、右か左をまわしてあげると片方が種からはがれます。

2014_0520ブログ用写真10025 - コピー_result

種を取るため、包丁の手前のとんがってるところで種に包丁を突き刺します。

そのままくるっとまわすと実から種がはがれます。

2014_0520ブログ用写真10026 - コピー_result

種がとれたら今度は皮をむきます。

大きいままだと実が崩れやすいので4分の1くらいに切ってから手でむいていきます。

2014_0520ブログ用写真10027 - コピー_result

皮がむけたら1センチ角に切ります。

アボカドは置いておくとどんどん変色していってしまいます。

なので食べる直前に調理するかレモン汁をかけて変色を防止しましょう。

仕上げ

食べる直前にトマトとアボカドを入れてまぜてお皿に盛れば出来上がり~☆

2014_0520ブログ用写真10021_result

*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

ここで、今回のレシピの栄養を簡単に紹介したいと思います。

夏野菜!生姜の醤油漬けの栄養価

アボカドはカロリーもそこそこ多く4分の1で80キロカロリーほどあります。

けれどこの脂質は体にとても良い脂質で美肌にも効果的です!

トマトにも、アボカドにも老化防止の効果があります。

なす、トマトの用に色の濃い野菜にはがん予防効果もあります。

生姜は体を温めてくれるので冷え性予防にも最適です。

トップページにも旬のレシピ特集など、コンテンツを揃えています!

→トップページへ

関連記事

  1. さつまいもとツナとしょうがの炊き込みご飯
  2. パスタソースで簡単おつまみ!もちもち~!たらこバター芋餅
  3. ピリ辛でおつまみにも!つきこんにゃくと豚肉の甘辛炒め
  4. 風邪引きさんに!人参と大根とひじきと卵の雑炊
  5. 香ばしいおいしさ!焼き大根と豚肉のしめじあんかけ
  6. 生活習慣病に!肉じゃが
  7. 血液サラサラ!アジの干物の素揚げ
  8. 生活習慣病に!筍の混ぜご飯

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ村ランキング

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP