お弁当のおかず

ハンバーグの残ったひき肉で節約レシピ!お弁当用冷凍ハンバーグ

節約レシピ!お弁当用冷凍ハンバーグの作り方、道具をご紹介します。

スポンサードリンク

ハンバーグの残ったひき肉で節約レシピ!お弁当用冷凍ハンバーグ

ハンバーグを作って余ったひき肉で作ったお弁当用冷凍ハンバーグレシピです!

製氷器をうまく使ってお弁当の冷凍食品を作りました!

余りものなので、ついでに作れてお弁当のおかずも節約できます。

お弁当も毎日のことなので、冷凍食品も高コストですよね!

今回は焼いたハンバーグの真ん中にストローで穴を開け、ヒト技加えてみました。

そこにケチャップも一緒に入れ冷凍しました。

見た目も可愛く、ケチャップを別で用意しなくていいので手間いらずです。

簡単、節約、手間いらずです!

ハンバーグを作ったついでに作っておくととっても便利です!

是非作ってみて下さい!

材料

ハンバーグのひき肉の材料の詳しくはこちらをご覧ください。

→おから入り!フワフワ煮込みハンバーグの作り方はこちら

道具

大きめの枠の製氷機(ふた付き)、お好みの柄のお弁当用アルミカップ

ストロー、ケチャップ

作り方

下準備

製氷機の1マスずつに、アルミカップを入れておきます。

焼く

フライパンにサラダ油をなじませます。

製氷機の大きさに入る小さい丸のハンバーグを何個か作り両面しっかり焼いていきます。

DSCF2278_result

しっかり火が通ったら、製氷機のアルミカップの中に1個ずつ入れていきます。

仕上げ

ストローで真ん中に穴をあけ、そこにケチャップを入れます。

DSCF2279_result

出来たら製氷機のフタをして冷凍庫で凍らせます。

DSCF2280_result

後は使いたい時にレンジでチンするだけです!

家で作ったひき肉は出来上がりもフワっとしていてすごくおいしいですよ!

*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

ここで、今回のレシピの栄養を簡単に紹介したいと思います。

お弁当用冷凍ハンバーグの栄養価

ひき肉には筋肉や、髪、肌などを作るたんぱく質が豊富です。

高齢の方でお肉が好きな方が長寿の秘訣と言うのも聞いたことがあります。

抵抗力をつけたり、貧血予防にも効果的です!

スポンサードリンク

トップページにも旬のレシピ特集など、コンテンツを揃えています!

→トップページへ

関連記事

  1. 食べ過ぎちゃう!!もやしとツナのキムチ入り中華風ナムル
  2. 節約料理!油揚げの甘辛混ぜご飯
  3. サクッと香ばしい!かぼちゃのアーモンド焼き
  4. 立体で可愛い~!!アンパンマン☆バイキンマンキャラ弁
  5. 簡単みんな大好き!チーカマ
  6. ポケモン!ピカチューキャラ弁
  7. 動脈硬化やがんを防ぐ!鮭フレーク
  8. トマト缶で簡単!自家製トマトソース

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ご予約・お問い合わせはこちら

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP