その他

立体で可愛い!トトロキャラ弁

立体的なトトロの作り方、材料、バラバラにならないコツをご紹介します。

立体で可愛い!トトロキャラ弁

キャラ弁レシピです!

前回にもトトロキャラ弁をご紹介しましたが、今回のは立体的に作ってみました。

前回のものは、前日に作っておいて当日はのせるだけのものでした。

2回もトトロキャラ弁を作ることになるとは・・(笑)

息子がジブリにハマッている様子が伺えますね(笑)

トトロはキャラ弁初心者の方でも作りやすいんです!

私も最初はトトロから入りました。

コツや、道具など参考にしてもらえると嬉しいです!

材料

トトロ

土台部分→ご飯、のり

目、口、鼻→スライスチーズ、のり

ひげ→揚げパスタ

耳→ご飯、のり

体の模様→のり

おかず、唐揚げ、クリームコロッケ、ミートボール、レタス、トマト、卵焼き、りんご

道具

のり切り用ハサミ(先が細いもの)、爪楊枝、接着用にマヨネーズ

作り方

土台部分

お弁当の大きさを見ながら、トトロの大きさを考えて握っていきます。

ご飯の厚みはお弁当の半分くらいがベストです。

*厚みがありすぎるとフタを閉めた時にパーツがフタにくっついてバラバラになってしまいます。

握ったものをラップでもう1度握ると形がしっかり成形されて崩れにくくなります。

ご飯が熱いうちにのりを全体に巻き、さらにラップでもう1度握ります。

ご飯がのりで真っ黒になったら早めにお腹部分ののりを包丁で切り取り、取り外します。

*のりが完全にくっつく前に切り離すと、ご飯にのりがつくこともありません。

少量のご飯をラップでくるみ、形を整えておきます。

こちらもご飯が熱いうちにのりを巻き付けておきます。

目、鼻、口

スライスチーズとのりを使います。

スライスチーズを切る時は爪楊枝をなぞるようにすると綺麗な形に切れます。

それぞれの形にのりとスライスチーズを切り、パーツを完成させておきます。

体の模様

こちらはのりをハサミで形に切っておきます。

揚げパスタ

パスタを使いたい長さに手でポキッと折ります。

フライパンに少量の油を入れて揚げパスタにします。

今回は、ヒゲ計6本、耳2本の8本使いました。

バラバラになるのを防ぐ方法

今回なら、顔部分と耳が離れています。

これをそのまま置くと離れたりしますよね・・・。

この、顔部分を耳をしっかり固定する方法があります。

それは、揚げパスタ!

揚げパスタを耳に1本ずつ刺しておき、それを顔部分に刺すと固定されます。

この揚げパスタはキャラ弁を作るには必須です(笑)

クマさんの耳など、固定したい時に便利です。

仕上げ

顔部分に目などのパーツをくっつけていきます。

くっつける時は接着剤変わりにマヨネーズを使います。

マヨネーズを付けても崩れる時もありますが、つけないよりは防げます。

盛りつけ

お弁当に完成したトトロを入れ、周りにおかずを入れれば出来上がり~!!

2009_0102家族写真0002_result

おかずの色合いも重視するとトトロもよりひきたって見えます。

立体ではない方のトトロキャラ弁も載せておきます。

→トトロキャラ弁の作り方はこちら

トップページにも旬のレシピ特集など、コンテンツを揃えています!

→トップページへ

関連記事

  1. オラフのキャラクター弁当
  2. 節約レシピ!厚揚げの照り焼きごまだれ焼き
  3. 簡単!スパム風おにぎり
  4. 運動会のお弁当
  5. 健康維持に!簡単!自家製りんご酢
  6. 自宅でも簡単に作れる!きゅうりの浅漬けの素
  7. ハンバーグの残ったひき肉で節約レシピ!お弁当用冷凍ハンバーグ
  8. 運動会やピクニックに見た目も可愛い!見せる焼きサンドウィッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ村ランキング

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP