お弁当のおかず

動脈硬化やがんを防ぐ!鮭フレーク

鮭フレークの作り方、保存方法をご紹介します。

動脈硬化やがんを防ぐ!鮭フレーク

簡単!朝のお供に!自宅でふりかけレシピです!

甘塩の冷凍で売っている鮭で、鮭フレークを作ってみました。

市販の鮭フレークが大好きで家で作れたらなぁ~と思ったのがきっかけです。

朝ごはんや、お弁当などにも毎日重宝します!

簡単ですごくおいしいです!

1度にたくさん作って保存しておきたいものです。

食べきる時は冷蔵庫で4~5日、日持ちします。

たくさん作った時の保存方法もご紹介していきます。

材料・(深めの小鉢1皿分)

冷凍甘塩鮭      4匹

薄口しょうゆ     大さじ1

酒          大さじ1

みりん        大さじ3

*鮭の塩加減がそれぞれ違うと思うので塩辛い場合はみりんで調節してください。

サラダ油       少々

作り方

グリルで鮭を焼きます。

焼けたものを骨を取り除きながら身をほぐしていきます。

DSCF1774_result
DSCF1775_result

皮が苦手ではない方は皮も細かく刻んで一緒に混ぜます。

味だけでなく栄養価もアップします!

*皮にはコラーゲンがたっぷりです!

炒める

フライパンにサラダ油をなじませます。

ほぐした鮭を入れて、ヘラで細かく身を潰しながら炒めていきます。

パラパラになった所で調味料を入れていきます。

薄口しょうゆ大さじ1、酒大さじ1、みりん大さじ3を入れてさらに水分を飛ばします。

*鮭によって塩分量が違うので辛い場合はみりんを大さじ1ずつ足して調節してください。

お好みでごまを混ぜてもおいしかったです!!

お皿に盛って出来上がり~!!

DSCF1776_result

たくさん作った時の保存方法

冷蔵庫で保存する場合、3~4日くらいを目安に食べきって下さい。

たくさん作り置きした場合は冷凍保存用のジッパー付きのものを使います。

これに平になるように入れて、冷凍保存しておくと、1~2か月はもちます。

スポンサードリンク

*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

ここで、今回のレシピの栄養を簡単に紹介したいと思います。

鮭フレークの栄養価

鮭にはビタミンDが豊富でカルシウムの吸収を助けてくれる救世主です。

また、ビタミンB群、葉酸なども豊富で疲労回復を助けてくれます。

皮にはコラーゲンも豊富です。

肌や目の老化、がんや動脈硬化を防いでくれるアスタキサンチンが含まれています。

トップページにも旬のレシピ特集など、コンテンツを揃えています!

→トップページへ

関連記事

  1. 外はパリッ!中はモチモチ~!じゃがいも餅揚げ餃子
  2. 秋味!ゴロゴロさつまいもとしめじの食物繊維たっぷりおから
  3. 強力な殺菌作用で食中毒を予防!鶏肉の梅しそソースがけ
  4. スタミナ満点!疲労回復に!生姜焼き風炒め物
  5. 節約料理!揚げ丼
  6. 健康維持に!簡単!自家製りんご酢
  7. ほうれん草のおひたし
  8. 秋味!さつまいもの炊き込みご飯

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ村ランキング

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP