和え物

里いもとゆずのごま味噌和え

里いもとゆずのごま味噌和えの作り方、里いもの下処理をご紹介します。

里いもとゆずのごま味噌和え

ほっこりおいしい里いもレシピです!

煮っころがしになってしまいがちですが、味もたんぱくなので使いやすい材料です。

ただ、皮をむくのが面倒だったり、ぬめりが苦手な方もおられるかもしれませんね!

今回のメニューは、離乳食、病人食としてもむいています。

ちょっとお箸休め的な1品です。

材料・4人分

2人分は(赤)で記載しています。

里いも     1袋(2分の1袋)

青ねぎ     少々

黄ゆず     2分の1個(4分の1個)

調味料

合わせみそ   大さじ1と2分の1(大さじ1と小さじ1強)

砂糖      大さじ1(大さじ2分の1)

白ごま     大さじ2(大さじ1)

ぬめり取りの塩 適量

作り方

青ねぎ

飾り用なので、なくても大丈夫です。

あれば、少しだけ小口切りにしておきます。

黄ゆず

皮部分だけを包丁でむきます。

皮の裏に白い皮が少しついていたら、白い皮だけそぎ取ります。

*白い部分には苦味があります。

黄色の皮だけになったら、これを細かくみじん切りにしておきます。

残った果肉部分は他の料理に使ったり、ゆず湯にして浮かせるのもオススメです!

里いもの下処理

土がついているので、タワシでしっかり土を洗い流します。

包丁で皮をむいていきます。

里いもは痛みやすいです。

ピンク色の所や明らかに痛んで柔らかい所はこの時点でカットしておきます。

DSCF1557_result

食べやすい大きさにカットします。

DSCF1558_result

里いものぬめりを取るため、ボウルに里いもと多めの塩を入れ、しっかりもみます。

しっかりもんだら、水で洗いザルで水をきります。

鍋にたっぷりのお湯を用意し、やわらかくなるまでゆでます。

*竹ぐしを刺して確認します。

ゆであがったらザルでお湯をきります。

このあと、里いもを半量ずつ調理するため、半量に分けておきます。

すり鉢で仕上げ

すり鉢で白ごまをペースト状になるまですります。

*すり鉢がない場合はごますり器でもOKです。

DSCF1560_result

ここに、砂糖、合わせみそを入れて更にすります。

まとまったら、里いも半量分をペースト状になるまでつぶし、調味料も全混ぜ合わせます。

残りの半量の里いもとみじん切りにしたゆずを入れて、ゴムベラなどで軽く混ぜます。

*里いも半量は形を残して食感にしたいので、つぶしません。

盛り付け

出来たものを小鉢に入れて、最後にネギを飾ったら出来上がり~!!

真ん中を山のように少し高く盛ると盛り付けがキレイに見えます。

入れすぎないのもコツです。

DSCF1563_result

スポンサードリンク

*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

ここで、今回のレシピの栄養を簡単に紹介したいと思います。

里いもとゆずのごま味噌和えの栄養価

カリウムが豊富な里いもは体外に塩分を排出してくれるので高血圧に最適です!

また、肝臓を守ってくれたり、糖尿病などの病児食としても広く使われています。

生活習慣病の味方の食材です!

トップページにも旬のレシピ特集など、コンテンツを揃えています!

→トップページへ

関連記事

  1. 冷たくさらっとヘルシーに!豆腐入り冷汁
  2. おうちで簡単!牛丼
  3. 簡単!スパム風おにぎり
  4. 新じゃがとスナップエンドウの甘辛炒め
  5. 照り焼きの黄金比で!甘辛ブリの照り焼き
  6. 生活習慣病に!筍の混ぜご飯
  7. 強力な殺菌作用で食中毒を予防!鶏肉の梅しそソースがけ
  8. 煮卵とろりん♪相性抜群の味付のりを使った納豆煮卵軍艦巻き

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ村ランキング

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP