和食

優しい味わい!さつまいも粥

あったかあま~い!!優しい味わいのさつまいも粥をご紹介します。

優しい味わい!さつまいも粥

さつまいもがおいしいこの時期のさつまいもレシピです!

色んな種類が出てくるこの時期、食べ比べてみるのも面白いかもしれません。

じっくり煮ることで甘味が増してお粥ととっても合います!

体調が悪い時にも、さつまいもで栄養プラスされて体にもいいです。

とろ~っと甘いお粥にさつまいもの食感がたまらない1品です。

とっても簡単ですが、しっかり主食です。

食物繊維もたっぷりなのでダイエットにもいいですよね!

材料・4人分

2人分は(赤)で記載しています。

さつまいも   大1本(2分の1本)

ご飯      適量

調味料

水       適量

昆布      4×4㎝くらいのもの1枚

かつおだしの素 小さじ1

塩       適量

作り方

さつまいも

土がついているものはタワシで綺麗に洗います。

2009_0101家族写真0125_result

ピーラーで皮をむき、1センチ角くらいに切ります。

2009_0101家族写真0126_result

切ったら、早めに水に浸けてアク抜きをします。

*水に浸けずに置いておくと色がどんどん変色して黒くなります。

煮る

土鍋に7割くらいの水を入れます。

水の状態で昆布がふやけるまでしばらく浸けておきます。

土鍋に火を入れ、沸騰する直前で昆布を取り出します。

*昆布を沸騰させると苦味が出てきます。

昆布を取りだしたら、かつおだしの素小さじ1を入れます。

そこに、ご飯を入れてしばらく弱火で煮ます。

この時、さつまいもも一緒に入れます。

*水が引いてきてまだ煮たりない時は水を足します。

お米がとろ~っとなってお粥が出来、さつまいもも柔らかくなっていたらOkです!

仕上げに塩で味を整えます。

2009_0101家族写真0169_result

盛りつけ

各自、お皿に盛ったら出来上がり~!!

甘くてあたたかくて、ほっこりする味です。

ポイント

ポイントはさつまいもを入れるタイミングです!

初めから入れてしまうとお粥が出来上がる頃には溶けてなくなっています。

お粥が出来上がってから入れては、固い状態になります。

ご飯を入れてしばらくしてから入れるくらいがちょうどいいかもです!

さつまいもも固めより、しっとりしていた方がよりお粥がおいしく感じますね。

*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

ここで、今回のレシピの栄養を簡単に紹介したいと思います。

優しい味わい!さつまいも粥の栄養価

さつまいもにはビタミンCが豊富で熱に強いのが特徴です。

食物繊維も豊富で、お腹にも溜まるのでダイエットに最適です!

ダイエットと言えば今、お米が見直されていておにぎりダイエットなどもあります。

お粥なら、なお量も減らせていいですね!

トップページにも旬のレシピ特集など、コンテンツを揃えています!

→トップページへ

関連記事

  1. ごまペーストで濃厚!きゅうりと油揚げのごま酢和え
  2. 外はカリッ!中はもっちもち~!!じゃがいも塩餅
  3. ご飯がすすむ!ピーマンの佃煮
  4. 節約料理!揚げ丼
  5. 新じゃがとスナップエンドウの甘辛炒め
  6. 豆苗と鶏もも肉のあっさり炒め
  7. 厚揚げのシンプル焼き
  8. もちもち食感!まるごとじゃがいも焼き

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ村ランキング

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP