和食

筍とパセリのバター醤油炒め

筍の下処理と保存方法、筍とパセリのバター醤油炒めの作り方をご紹介します。

筍とパセリのバター醤油炒め

歯ごたえもおいしい筍レシピです!

旬の筍をたくさん貰って使い道に困っている方も多いのではないでしょうか?

そんな時、パパッと簡単に出来る1品です!

お酒のあてにも最高です!

簡単でおいしいからリピートして作りたくなります!

おいしい筍を無駄なく使いきって下さい(笑)

材料・4人分

2人分は(赤)で記載しています。

水煮筍      2ホール(1ホール)

パセリ      お好みで

バター      20g(10g)

濃口しょうゆ   少々

塩こしょう    少々

サラダ油     少々

作り方

筍の下処理(水煮編)

筍は縦に半分に包丁で切ります。

DSCF1698_result

筍の筋の中に白い石灰がついているものがあるので竹串などで綺麗に取り除きます。

*石灰が苦味やえぐみの原因になります。

DSCF1699_result

取れたら、0.5㎝厚さくらいに薄切りにしておきます。

DSCF1729_result

筍の下処理(生編)

①筍の皮についている土をタワシで洗います。

②一番下の固い、イボイボの部分を切り落とします。

③一番上の穂先を斜めに切り落とし、縦に中央くらいまで包丁を入れます。

④筍よりもかなり大きめの鍋を用意します。

そこにたっぷりの水、たっぷりの米ぬか、乾燥の唐辛子を2~3本入れてゆでます。

沸騰するまでは強火、沸騰してからは弱火で1時間ほどゆでていきます。

*米ぬかを入れることで吹きこぼれやすいので気を付けて下さい。

⑤1時間ほどして、筍の1番下の固い部分に竹串が通れば火を消します。

そのまま鍋ごとぬかの入っているまま完全に冷めるまで常温で置いておきます。

⑥完全に冷めたら、水でぬかをきれいに落とし切りめの所から皮をむいていきます。

⑦皮がむけたら水で再度水洗いし、たっぷりの水に3~4時間つけておきます。

*途中、水を2度ほど、入れ替えて下さい。

筍の保存方法

密閉容器に筍がかぶるくらいの水をはり、水をこまめにかえると4~5日ほど日持ちします。

ボウルに水を入れてそこに筍をつけて、ラップでもOKです。

出来るだけ早く食べきって下さい。

パセリ

生のパセリの場合は、洗ってみじん切りにしておきます。

炒める

フライパンにサラダ油をしいて、筍に焼き色が少しつくくらいまでしっかり炒めます。

そこに、パセリも加えます。

ここで全体に、少しきかしぎみに塩こしょうをし、炒めます。

仕上げ

フライパンを少し傾け、端の方でバターを溶かします。

そこへ、濃口醤油もバターの中に入れて、バターと醤油が混ざったら絡めていきます。

濃口醤油は、味をみながら、入れていって下さい。

盛りつけ

お皿に筍を盛って仕上げのパセリを振って出来上がり~!!

DSCF1876_result

スポンサードリンク

*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

ここで、今回のレシピの栄養を簡単に紹介したいと思います。

筍とパセリのバター醤油炒め

筍にはカリウムと食物繊維が豊富です!

パセリには鉄分も豊富で貧血予防に効果的です!

また、香り成分には食中毒予防、冷え性などに効きます。

トップページにも旬のレシピ特集など、コンテンツを揃えています!

→トップページへ

関連記事

  1. 風邪引きさんに!人参と大根とひじきと卵の雑炊
  2. 秋味!さつまいもの炊き込みご飯
  3. お弁当にも!アスパラの梅じそふりかけ炒め
  4. 秋味!ゴロゴロさつまいもとしめじの食物繊維たっぷりおから
  5. 我が家の定番!しっかり煮詰めてご飯によく合う!ひじきの煮物
  6. おうちで簡単!牛丼
  7. 美容と老化防止に!冷製サラダうどん
  8. 豚肉で巻いて食べる!ピーラーで薄切り野菜のシャキシャキ鍋

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ村ランキング

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP