洋食

甘めのタルタルソースがおいしい!鶏南蛮

鶏南蛮の作り方、南蛮酢の比率、タルタルソースの作り方、ジューシーに揚げるコツをご紹介します。

甘めのタルタルソースがおいしい!鶏南蛮

ごはん何杯でもいけちゃう1品です!

最強の鶏肉レシピです!!

甘めのタルタルソースが鶏と合います。

鶏南蛮にすると、みんなのご飯食べるスピードがいつもより倍早い気がする(笑)

白米必須です!!!

材料・4人分

2人分は(赤)で記載しています。

鶏もも肉    2枚(1枚)

小麦粉     適量

塩コショウ   少々

揚げ油

タルタルソース

卵       4個(2個)

玉ねぎ     4分の1個分(8分の1個分)

砂糖      大さじ2(大さじ1)

酢       小さじ1(小さじ2分の1)

薄口しょうゆ  少々

マヨネーズ   お好みで

パセリ     お好みで

あれば、古漬けか、らっきょ

南蛮酢の比率

砂糖      6

酢       5

薄口しょうゆ  4

玉ねぎスライス  4分の1個分

あればとうがらし1本

作り方

南蛮酢を作る

南蛮酢の砂糖6:酢5:薄口しょうゆ4の割合で鍋に入れます。

沸騰しないようにあたためて、砂糖が溶けたら火を消し、バットにあけます。

玉ねぎをスライスし、バットの中に、入れます。

*玉ねぎの甘味とうまみがプラスされます。

とうがらしも入れます。

2009_0223ブログ用0011_result

タルタルソースの作り方

鍋に卵を入れて、ゆで卵を作ります。

ゆで卵ができたら、お湯を捨て、そのまま鍋にお水を入れて卵を冷まします。

*冷めてからの方がむきやすいです。

殻がむけたら細かく切ってボウルへうつします。

玉ねぎは、皮をむき、芯を取ってみじん切りにし、水にさらします。

しばらく水にさらしたら、水気をきってゆで卵の入っているボウルへ入れます。

パセリもみじん切りにしてボウルへ入れます。

古漬け又は、らっきょ、又は、ピクルスがあれば、みじん切りにしてボウルへ入れます。

ボウルにマヨネーズお好みで、砂糖、、塩コショウ、酢、薄口しょうゆを入れます。

全体をしっかり混ぜて冷蔵庫へ。

2009_0223ブログ用0012_result

鶏肉

鶏肉に塩をふり、しばらくおくと、水分と一緒に臭みも出てきます。

水分が出てきたらペーパーでふき取り、次は味付けの塩コショウをします。

ジューシーに揚げるコツ

鶏に、まんべんなく小麦粉をまぶします。

*つけすぎてしまった所ははたいておとします。

全体に付け忘れがないか確認してください。

*小麦粉をつけることでうまみやジューシーさをを閉じ込めます。

強火180度くらい→中火170度くらい→強火180度で揚げていきます。

最初、強火で周りがカリッと両面なったら少し火を弱くして中までしっかり火を通していきます。

最後強火にするとカリっと仕上がります。

揚がったら油をしっかりきることで、カリッとなります。

南蛮酢につける

揚げた鶏を熱いうちにバットに入っている南蛮酢へつけ、味をしみこませます。

あまり長い間しみ込ませると、カリッと感が失われるので全体に南蛮酢が絡まったらOK!

*熱いうちにつけないと、しみ込みが悪くなります。

2009_0223ブログ用0013_result

盛り付け

お好みで食べやすい大きさにカットしてもOK!

自分で食べる時にナイフでカットしてもOKです。

甘めのタルタルソースをたっぷりかけていただきます☆

2009_0223ブログ用0014_result

スポンサードリンク

*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

ここで、今回のレシピの栄養を簡単に紹介したいと思います。

鶏南蛮の栄養価

鶏肉には体を作るために必要なたんぱく質が豊富に含まれています。

筋肉をつけたい方は、お肉の中でもヘルシーな鶏が効果的です!

タルタルソースに入っている生の玉ねぎは、血液をサラサラにしてくれます。

これだけでしっかりおかずになりますが、これだけだとビタミンが不足しています。

副菜でビタミンがあると、バランスのよい食事になると思います。

トップページにも旬のレシピ特集など、コンテンツを揃えています!

→トップページへ

関連記事

  1. 濃厚~!!渡り蟹のトマトクリームパスタ
  2. 野菜がシャキシャキ!鮭と野菜のホットプレート蒸し
  3. ほうれん草の豆乳キッシュ
  4. しめじの香り豊か!!簡単!ベーコンとしめじのクリームパスタ
  5. 血液サラサラ!サーモンマリネ
  6. 胃腸系の予防や治療に!野菜たっぷりチーズロールキャベツ
  7. ふわふわオムレツ
  8. アツアツとろ~り!チーズ豆腐

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ村ランキング

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP