和食

トロトロわかめの若竹煮

トロトロわかめの若竹煮の作り方、筍と生わかめの下処理と保存方法をご紹介します。

トロトロわかめの若竹煮の作り方

筍も生わかめも春になると食べたくなる食材の一つかと思います。

今とっても旬な、筍と生わかめレシピです!

一般的な若竹煮は、さっと煮てあっさりしていてわかめの色も綺麗なものになります。

今回の若竹煮は、わかめの緑色もとんでいて見た目はあまりよくないかもしれません。

けれど、おいしさだけを追及した、家庭料理でしか出来ない料理だと思っています。

どちらかと言うと、わかめがメインで、トロトロですごくおいしいです!!

材料・4人分

2人分は(赤)で記載しています。

筍水煮(ホール)1袋(2分の1袋)

生わかめ    300g(150g)

(塩蔵わかめや、乾燥わかめでも大丈夫です。)

すしあげ    2枚(1枚)

調味料

水       800cc(400cc)

かつおだしの素 小さじ1(小さじ2分の1)

砂糖      大さじ3(大さじ1と2分の1)

薄口しょうゆ  大さじ2強(大さじ1強)

濃口しょうゆ  大さじ1(大さじ2分の1)

作り方

油揚げ(すしあげ)

6分の1くらいの大きさに切っておきます。

筍の下処理(水煮編)

筍は縦に半分に包丁で切ります。

DSCF1698_result

筍の筋の中に白い石灰がついているものがあるので竹串などで綺麗に取り除きます。

*石灰が苦味やえぐみの原因になります。

DSCF1699_result

取れたら、0.5㎝厚さくらいに薄切りにしておきます。

DSCF1729_result

筍の下処理(生編)

①筍の皮についている土をタワシで洗います。

②一番下の固い、イボイボの部分を切り落とします。

③一番上の穂先を斜めに切り落とし縦に中央くらいまで包丁を入れて火の通りをよくします。

④筍よりもかなり大きめの鍋を用意します。

そこにたっぷりの水、たっぷりの米ぬか、乾燥の唐辛子を2~3本入れてゆでます。

沸騰するまでは強火で、沸騰してからは弱火で1時間ほどゆでていきます。

*米ぬかを入れることで、吹きこぼれやすいので気を付けて下さい。

⑤1時間ほどして、筍の1番下の固い部分に竹串が通れば火を消します。

そのまま鍋ごとぬかの入っているまま、完全に冷めるまで常温で置いておきます。

⑥完全に冷めたら水でぬかをきれいに落とし、縦に入れた切りめの所から皮をむいていきます。

⑦皮がむけたら水で再度水洗いし、たっぷりの水に3~4時間つけておきます。

*途中、水を2度ほど、入れ替えて下さい。

筍の保存方法

密閉容器に筍がかぶるくらいの水をはり、水をこまめにかえると4~5日ほど日持ちします。

ボウルに水を入れてそこに筍をつけて、ラップでもOKです。

出来るだけ早く食べきって下さい。

生わかめの下処理

まず全体を広げます。

茎と、枝分かれしたふさに分かれています。

DSCF1730_result

この茎と、ふさの部分を包丁で切り離していきます。

*若竹煮には、この茎の部分は固いので使いません。

佃煮にするとおいしくいただけるかと思います。

DSCF1731_result

ふさの部分を1列に全部並べて2センチくらいに全部一緒に切っていきます。

DSCF1733_result
DSCF1732_result

鍋にお湯をわかし、わかめの色が緑色に変わるまでさっと湯通ししザルでお湯をきっておきます。

DSCF1734_result

*塩蔵わかめの場合

使う分だけ出して水につけて洗い、何度か水を変えて塩を落とします。

切ってあるものはそのまま使えますし、切っていないものは生わかめと同様のやり方です。

*乾燥わかめの場合

まず、水にしばらくつけて、水でもどします。

切ってあるものはそのまま使えますし、切っていないものは生わかめと同様のやり方です。

煮る

鍋に調味料、わかめ、油揚げ、筍を全部入れます。

沸騰するまでは強火、沸騰してからは、一番弱火で1時間ほど煮ていきます。

DSCF1735_result

最初味見をすると薄いですが、1時間も煮ていると煮詰まって、汁も少なくなり味も濃くなっていきます。

*ガスによっては火力が違うので、煮詰まって味が濃くなってしまった時は水を足して味を見て下さい。

わかめがトロトロになってきたら出来上がりのサインです!!

盛りつけ

お皿に入れて、完成です!!

春の食材なので、木の芽などを上に置いても春らしく香りも良いかと思います。

DSCF1749_result

スポンサードリンク

*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

ここで、今回のレシピの栄養を簡単に紹介したいと思います。

トロトロわかめの若竹煮の栄養価

筍はカリウムと食物繊維が豊富です!

カリウムは余分な塩分を体外に排出してくれます。

女性ホルモンの分泌を盛んにしてくれるのでホルモンバランスを整えてくれます。

わかめにはがんを撃退する力があり、増殖を抑えたり細胞を自滅させる働きがあります。

トップページにも旬のレシピ特集など、コンテンツを揃えています!

→トップページへ

関連記事

  1. しっかり主役!こんにゃくの万能肉味噌炒め
  2. 生活習慣病の改善に最適!かぼちゃの煮物
  3. 濃厚!!アボカドとマグロの漬け丼
  4. がっつり食べたい時に!甘辛焼肉のアボカドソース丼
  5. コレステロール減少!あじのなめろう
  6. おばあちゃんの郷土料理!さばのきずし
  7. おうちで簡単!牛丼
  8. お弁当にも!アスパラの梅じそふりかけ炒め

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ村ランキング

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP