洋食

血液サラサラ!サーモンマリネ

サーモンマリネの作り方、マリネ液の作り方をご紹介します。

スポンサードリンク

血液サラサラ!サーモンマリネ

旬の時期においしいサーモンレシピです!

さっぱりしていて箸休めにもなります。

酢は体にもいいし、おいしくてたくさん食べれたら言うことないですよね!!

夏の食欲がない時などにも是非1品にどうぞ。

材料・4人分

2人分は(赤)で記載しています。

サーモン    170g(85g)

新玉ねぎ    大1個(大2分の1個)

マリネ液

レモンの絞り汁 大さじ1(おおさじ2分の1)

酢       おたま6(おたま3)

砂糖      おたま6(おたま3)

*酢と砂糖は1:1

(市販のマリネ液でもOK)

作り方

マリネ液を作る

*砂糖とお酢は1:1で器の大きさに合わせて量を調節してください。

鍋に酢おたま6(おたま3)、砂糖おたま6(おたま3)を火にかけます。

そして、沸騰直前で火を止めます。

砂糖が溶けていれば別の容器で冷まします。

*酢のツンとしたのが苦手な人は少し火を入れることでツンとしたのが和らぎます。

完全に冷めてからレモンも加えます。

市販のマリネ液でもOK!

新玉ねぎ

スライサーで薄くスライスします。

包丁では薄さに限度があるのでスライサーが最適だと思います。

スライス出来たら水でさらします。

よくさらして下さい。

2009_0115ブログ用0006_result

さらし終わったらザルをあげてしっかり水をきります。

軽くしぼってもいいと思います。

*水気が残っているとマリネ液が薄まっておいしくありません。

サーモン

サーモンを薄く切っていきます。

仕上げ

サーモンと新玉ねぎをマリネ液に漬かるようにして冷蔵庫で寝かせておきます。

3時間ほどすると、全部の味がまとまっておいしいマリネの出来上がりです。

2009_0115ブログ用0007_result

スポンサードリンク

*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

ここで、今回のレシピの栄養を簡単に紹介したいと思います。

サーモンマリネの栄養価

玉ねぎは生で食べることで、血液さらさら効果が高まります!

お酢は体を柔らかくしてくれ、1日大さじ1杯程度が良いとされています。

鮭にはビタミンD含まれていてカルシウムと一緒に摂取すると骨を丈夫にしてくれます!

また葉酸やビタミンB群も豊富です。

トップページにも旬のレシピ特集など、コンテンツを揃えています!

→トップページへ

関連記事

  1. 野菜がシャキシャキ!鮭と野菜のホットプレート蒸し
  2. 甘めのタルタルソースがおいしい!鶏南蛮
  3. ベジブロスを使った野菜たっぷりヘルシーポトフ
  4. 最速の5分で完成!豆腐を使ったダイエットキーマカレー
  5. ホッとあたたまる!白菜と豚肉の重ね蒸しクリーム煮
  6. 簡単!節約!ちくわピザ
  7. カレー風味!ほくほくジャーマンポテト
  8. ほうれん草の豆乳キッシュ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ご予約・お問い合わせはこちら

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP